今日で母親16年生になりました。

日常の事

16年前の今頃、わたしは、
初めての出産で、「ウンウン」うなっていました。

 

 

話がちがう!無痛分娩のはずが!!

 

 

 

母が、痛がりの娘を思い、無痛分娩の病院を選んでくれたのですが、子宮校が4センチになるまでは、麻酔は打てず、
よせてはかえす痛みに耐えて・・・・・。

 

 

1月6日の朝4時半に本格的な陣痛が来て、麻酔が入れられるようになったのが、

7日の昼頃。

 

つまり、丸1日陣痛がきたり引いたりの繰り返し。

 

 

7日は夫の誕生日だから、

 

 

「同じ日に産まれるね^^」

 

 

と喜んでいたのに、麻酔を入れた途端、子宮が開かなくなり、トホホ。

 

 

分娩室にすぐ変わる部屋が2つある、その病院は、人気があり、ひっきりなしに、
妊婦さんがもう一つの部屋で出産していく。

 

 

いつ麻酔が切れるのかわからない!!

 

 

無痛分娩とはいえ、先生は一人なので、他の妊婦さんが出産する間は、麻酔が切れても看護師さんは、

 

「麻酔は先生にしか打てないんで。」

 

と、涼しい顔で。

 

当時、まだ無痛分娩の産院は少なかったので、その病院は人気があり、
LDRという、陣痛と分娩が同時に出来る部屋が2つあり、
そのうちの一つにひっきりなしに、妊婦さんが入り、でも先生は一人。

 

つまり、「麻酔がいつ切れるかわからない。」という恐怖。

 

 

出産の痛みを、「鼻の中からスイカを出すような。」

 

 

という人もいるけど、わたしの場合、

 

 

「身体の中で地震がおこり、地割れがおこり、身体が真っ二つに

引き裂かれるような痛み。」

 

でした。

 

 

 

そんなん出来るなら、もっと早くやってよ~

 

そしてついに、8日の夜になり、先生が、

 

 

「あなたも、もう限界でしょう。」

 

 

といい、吸引する事に。

 

 

たった、2回の「いきみ」で息子は産まれました。

 

 

 

やっと会えたね!!黒い瞳は、まるで宝石

 

へその緒がつながった状態で、息子を抱きかかえ、

 

 

「やっと会えたね。」

 

 

と言ったとたん、右目が開き、そして左目が開き。

 

 

真っ黒な瞳でじっと、

 

 

「あーママってこんな顔してたんだね。」

 

 

って感じで見つめられました。その瞳はこれまで見た、どの宝石より美しかったです。

 

 

 

色々ありましたが、今では

 

あれから、16年。

 

 

あんなに小さかった息子は、今では、家族の中で一番背が高くなりました。

 

 

出産後も夜泣きが3歳まで続き、2時間以上連続で寝れない時期をすごしたり、

 

 

小学校から、息子が投げたボールがお友達の顔に当たり、前歯が欠けたと、

連絡があったり、

 

 

スーパーにいけば、シャンプーやリンスを片っ端から棚からお落としたり^^;

 

色んな事があったけど、今は、両親がけんかすると、どちらの気持ちも理解し

、解決策を提案してくれたり、

 

 

お弁当箱を出す時、「美味しかったよ。」とぽつりと言ってくれる子に育ちました。

 

 

息子よ。

 

 

わたしを母にしてくれてありがとう。

 

 

今日でわたしも、母親16年生になりました。

コメント