セミナー講師が養成講座を開くときのたった一つのコツとは

女性起業家

最近、私の周りのセミナー講師の方達から、『どうやったら、良いセミナーが出来ますか?』と言ったご質問をいただくのですが、B子さんには、そういったお悩みはありませんか?

はい、私も、悩んでいます。
私は集客の塾を主宰しているのですが、どうすれば、
生徒さん達にわかりやすく、成果を出してもらえる
養成講座に出来るのか、いつも考えています。

やはりB子さんもそういうお悩みがあったんですね。
では、今日は、セミナー講師の方が生徒さん達に成果を出してもらえる養成講座を主宰するコツについて、お話ししますね

 

 

セミナー講師にとって大切な事とは

まず、セミナー講師とっても、色んな種類があると思いますが、共通して言えるのは、「何かを教える」という事ですね。

そして、教えた生徒さんが、そのスキルを使えるようになり、その結果、ビジネスで成功すたり、人生を豊かにする、という事が最終目的となります。

そこで大切なのは、教える生徒に合わせた教え方が大切。

セミナー講師一人につき、複数の生徒の場合は、色んなタイプがいるはずですから、色んな角度で説明をしたり、例を出しレクチャーする事が大切になります。

もし、マンツーマンで講座をする場合、はその方の特徴を見極めて、その生徒さんに合った指導が必要になります。

 

人を3つのタイプに分けてみる

人をタイプ別に見る場合、いくつか方法はありますが、ここでは、わかりやすく、3つのタイプに分けてみようと思います。

  1. ステップバイステップで順序だてて教えた方がいいタイプ
  2. 結論から先に言った方がいいタイプ
  3. プライドの高いタイプ

まずは、「1」のステップバイステップで、順序だてて教えた方がいいタイプの特徴は、真面目、几帳面、神経質と言ったものです。
洋服も見るからに、カチッとしたスーツや、襟のついた服を着る傾向があります。
このタイプの生徒さんには、きちんと順序だてて教える事と、どこかで分からないところがないか、時々、聞きながらすすめる事が大切。

次に「2」の結論から先に言った方がいいタイプの生徒さんの特徴は、話し方が早い、頭の回転がいい、せっかちと言ったものです。
洋服は、華やかなものから、シンプルなものまで色々ですが、どこか、その人らしさが出た雰囲気が多いです。
こういった方には、「1」の生徒さんのように、最初から最後まで順序だてるというより、要点をかいつまんで、レクチャーし、実践をさせる事が大切。

 

最後の「3」プライドの高いタイプの生徒さんの特徴は、〇〇するべき、という言葉や、自慢話しがちょいちょい入ります。
洋服もブランドものを身につけていたり、ブランドでなくても、オシャレに気を使うそんな雰囲気が多いです。
そして、このタイプにレクチャーするときは、相手のプライドを傷つけないように注意しなければいけません。

 

生徒側は、セミナー講師である、あなたを「先生」と呼んでも、心のどこかで、「自分の方が知っている。」そう、無意識に思うケースが多いです。

そう、特に神経を使うタイプです。

でも、このタイプのプライドを尊重しつつ、きちんとレクチャー出来れば、あなたを認め尊重してくれるので、信頼関係を気づく事が出来れば、大丈夫です。

それは、他の2つのタイプにも言える事。

生徒さんの特徴を見極め、その方に合った教え方が出来ると、どんな内容の養成講座をしてもあなたは人気セミナー講師となります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?セミナー講師が養成講座を開くときのたった一つのコツについて、ご理解いただけましたか?

はい、どんな内容の講座をするにしろ、生徒さんを観察し、
その人に合った教え方をする事が大切なんですね

はい、その通りです。そしてこの事は、セミナー講師としてだけではなく、日常の人間関係にも言える事ですね

そうですね、日常生活にも使えるコツですね!

はい、是非B子さんもこのコツを使ってより良い人生を
送ってくださいね

はい、そうします!今日もありがとうございます

今日もありがとうございました!

このセミナー講師が養成講座を開くときのたった一つのコツなどを、もっと具体的にわかりやすく、実践できるものとしてまとめたのが7日間の無料のメール講座です。

ぜひ、まずはこの無料メール講座で学んであなたのためにお役立て手みてくださいね。